INFORMATION

お知らせをあげる

 このイベントがF1の歴史にとって、特別な意味を持つのは、F1の親子チャンピオンがランデブー走行するのは、これがF1史上これが初めてのことだったからだ。

 F1で親子チャンピオンを達成したのは、ロズベルグ親子のほかに、グラハムとデイモンのヒル親子の2組だけ。

 このうち、68年にタイトルを獲得したグラハムは、75年に飛行機事故に遭遇。96年にチャンピオンとなった息子の勇姿を見ることなく、天国へ旅立った。つまり、F1の長い歴史で親子のチャンピオンがともに存命しているのは、ロズベルグ親子だけなのである。

PAGE TOP